生命保険それぞれの特徴

自分に万一のことがあった場合、家族に支払われる生命保険についてご説明します。生命保険には、定期保険と終身保険があります。定期保険とは、10年や20年といった区切りで定期的に更新する必要がある保険です。掛け捨てであり、期間が満了すれば何も残りません。死亡する確率に基づいているため、年齢が若ければ保険料は安く、年齢が上がるにつれて保険料も上がります。安い保険料で充実した保障が受けられるメリットがあります。終身保険は、一生涯続く保険ですが、保険料は割高です。支払い期限は自分で決められますので、働いている間にすべて支払うこともできますが、月々の負担が重くなります。

生きていながらにしてもらえる生存保険には、年金保険と生死混合保険があります。生存保険とは、保険料を月々コツコツと積み立て、満期になったらもらえる保険のことです。老後の備えとして注目されています。生死混合保険で有名なものに、養老保険があります。養老保険は、死亡保険と生存保険の混合型です。保険期間内に死亡や高度障がい状態になったときは死亡保険金が支払われ、満期まで生存した場合は生存保険金が支払われます。死亡保険金と生存保険金は同額とされています。