生命保険の種類

「生命保険にているからどんな時も安心だ」と思っていませんか?生命保険には、実は種類がたくさんありそれぞれに対象範囲というものがあります。過不足なく自分にピッタリの保険を見つけるためには、まず保険の特徴を深く知る必要があります。

生命保険は、自分が死亡した時に支払われる「死亡保険」の他に、ある一定の年齢まで生存した時に支払われる[生存保険」といわれるものがあります。生命保険なのに、生きていてももらえるなんて、なんだか得した気分ですね。死亡保険にも、「定期保険」と「終身保険」があります。生存保険には、「年金保険」や「生死混合保険」があります。なんだか複雑そうですが、それぞれにしっかりとした役割がありますので、自分に必要な保険かそうでないかを一つずつ確認しましょう。

ただ、自分に合った保険は常に変わるものと考えてください。学生の時、社会人になったとき、結婚した時、子供が生まれて親になった時、子供が成人してまた夫婦二人に戻ったとき、人生の階段を上るたびに保険の見直しが必要になります。2人に1人が癌になると言われるこの時代。いざというときにそれが対象外だったなんてことになったら、毎月高い保険料を支払っている意味がありません。もしかしたらあなたの今加入している保険は、今のあなたに合っていないかもしれません。見直すことで、保険料が引き下げになることも十分にあります。本サイトでは、保険の種類やそれぞれの特徴、見直しのタイミング、見直すポイントについてご紹介します。